「おみくみ的ノート活用法」をご紹介します

Pocket

GW最終日の夜

GWもそろそろ終了。facebookのタイムラインに流れてくる、楽しそうな写真、美味しそうな料理やスイーツを見ていると「いいな~」と思いますよね。

私もあります!常にあります!毎回あります!特に仕事で疲れている時に、ふと見たfacebookを見て「何で私はここで1人で残業しているのだろう」と何度虚しい気持ちになったことか!

そんな時こそ、私はノートに書きます。

  • 行ってみたいお店
  • 食べてみたい料理
  • 読んでみたい本
  • 会ってみたい人
  • 気になる人

先日のアルチザンのアクセサリーを見つけたのも、Facebookがきっかけでした。

すぐにノートに「アルチザン アクセサリー」を書いていたら、数日後販売の情報がUPされていたのです。

アルチザンとの出会いは突然に~自分に似合うネックレスを見つけた!~ – 男性のためのギフトガイド

具体的に書いておく

例えば今回、あるお友達のFacebookで、福島のペンションに行った写真がupされていました。
最近体重の増加が気になっていた私。以前からノートに「健康的に減量」「静かな山の中でゆっくり休む」と書いていたのです。

お友達のFacebookとリンクに貼られていたホームページを見てみると、私の気になるワード

オーガニックのビーガン料理
身体の調子が良くなる
ログハウス

などが書いてあるのです。ま、まさにピッタリ!これは私も是非行ってみたい!書かないと忘れてしまう(ここが人間の悲しい性)ので、早速ノートに書きました。

自然食マクロビオティックの宿「タンボ・ロッジ」(福島県、会津高原、ペンション、オーガニック、ロハス、スローフード、ベジタリアン、穀物菜食)~TOP

 

  • 誰と行きたいか?
  • ペンションでどんなことをしてみたいか?
  • どんな洋服で行きたいか?
  • どのバックを持って行くか?

など、最近では更に具体的なシチュエーションも書くようになりました。まるで未来日記のように。これだけでも私は十分楽しめます。フフフ。

ノートに書く効果とは

必ず実現するかは分かりません。しかし、ノートに書くようになってから、私は以前よりも会いたい人に会えるようになり、行きたい場所に行けるようになりました。

書かない人に限って、「書いただけで実現なんてしないよ」と言うのです。まず書いてもいないのに、どうしてそんなことが言えるのでしょうか。

ペンとノートがあれば、自分の世界はもっと広げられる
私はこのブログで発信し続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です