先延ばし維持の努力家と決別!大平信孝著「先延ばしは1冊のノートでなくなる」

Pocket

ノートに書くこと勧める理由

私はノートに
会いたい人
行ってみたい場所
やってみたいこと
を書き込むようにしています。
実際、ノートに書くようになってから実現できたことがたくさんありました。

このことを話すと
「いやいや、偶然でしょ」
「最初からできそうなことしか書いていないんでしょ」
「ノートに書いて意味あるの?」
「ノートって面倒じゃない?」
とおっしゃる方が結構いらっしゃるのですよ。
かと言ってその方に何の悩みもないのかと思いきや・・・結構私よりヘビーなお悩みを
抱えていたりするのです。

ノートが書けないからせめて「口癖」だけでも意識しよう

大平信孝さんは著者の中で、「先延ばししがちな人の7つの口癖」を紹介しています。

  1. 「だから~できない」→条件が揃わないから「行動」をやめる
  2. 「~だったらどうしよう・・・」→心配だから「行動」をやめる
  3. 「今さら~」→年齢的に無理だから「行動」をやめる
  4. 「もう少し学んでから・・・」→今は実力不足だから「行動」をやめる
  5. 「難しそう・・・」→難しそうだから「行動」をやめる
  6. 「他に楽しいことがあるので・・・」→合ってなさそうだから「行動」をやめる
  7. 「目標通りの結果が出なかった」→目標未達成だから「行動」をやめる

「ノートを買うのが面倒」って言っている時点で、先延ばしの口癖の項目に当てはまっていますが^^;
大平信孝さんによると、1から7を意識して言わなくなるだけで、先延ばしをやめることができるそうです。

実は私も数年前までは1から7まで全て口癖でした。
Voicyのパーソナリティも、以前の私だったら1~7まですべて言って応募することもなかったと思います。

これって自分で「あー、これよく言っている口癖だな」って気付かないと変えられないのですよ。
私もコーチングを受けてようやく気付くことができました。(コーチングセッションについては、また後日ブログに書きます☆)

でもやっぱりノートは素晴らしい

この本を読んで、また新しいノートが欲しくなりました。
ノートに書いていたことが実現できた時、読みかえすと本当に幸せな気分になれるのです。
結局自分を変えられるのは自分次第。
私はこれからもノートで自分を変えられたことを発信していきます!

大平信孝さんのブログ
* 「本気で変わりたい人の行動イノベーション」著者 大平信孝 BLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です