はあちゅう著『「自分」を仕事にする生き方』を読んで 「誰かの役に立つ」時代を作りたい

Pocket

最近ニュースでも名前を聞くようになった、作家でブロガーのはあちゅうさん。
以前参加した立花岳志さんの主催セミナーで、はあちゅうさんの話を直接聞ける機会がありました。

夢リストを作る「ノートに書いたらいろいろ実現できていた」 | プレゼントで世界を変える

ちょうどはあちゅうさんが「半径5メートルの野望」を出版された年。
私も野望を叶えるべくWordPressでブログをスタートさせたのです。

正直プレゼントを選んだり、贈ったりするのは好きだけど、本当に誰かの役に立っているのか?自己満足なんじゃないか?
ブログに書いて何になるのか、考えることもありました。

でもやっぱり書きたい、話したい、伝えたいんです。

特にあとがきで、はあちゅうさんが

感動を受けるだけではなく、感動を誰かに回す人になってください

という文章に
「そう、それ!私がやりたかったのはそれなのー!」とスッキリした気持ちになりました。
正直本を読んでこんなにスッキリしたのは始めてかも・・・
スッキリというより、詰まっていた気持ちが取れた感じ。

私なら
「面白い」
「楽しい」
「嬉しい」
そう思った瞬間を逃さず、これからも発信していきます!

はあちゅうさん、ありがとうございます!!

あー、やっぱりプロレスについて書いちゃおっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です