「トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1」を読みました プロレスラーという生き方が面白い!

Pocket

新日本プロレスのプロレスラー、内藤哲也選手の自伝「トランキーロ」(スペイン語で「落ち着いて」という意味)が出版されました。

足立区生まれ足立区育ち

小さな頃のなりたい職業は「ガソリンスタンドのおじさん」
だった内藤選手。
最初から制御不能ではなかったのですね。

運動神経も抜群で、女の子からバレンタインにチョコレートをたくさんもらっていたそうです。
他にも広島カープファンになった経緯など、少年時代の生い立ちを知ることができて前半でだいぶ満足してしまいました。

プロレスの技や歴史は知らないことがたくさんだけど、プロレスラーという人間が好きなので、内藤選手の生い立ちや考えていることを知るのが大好きなのです。

アニマル浜口ジム時代

ずっと気になっていたのが、内藤選手のプロフィールに「アニマル浜口ジム出身」と書いてあったこと。
あのアニマル浜口さんからどんなことを教えてもらったのか?
トレーニング中もあのテンションなのか?
やっとこの本で知ることができました。

読んだ結論。実際のアニマル浜口さんは静からしいです。やっぱりねー。

また、内藤選手はアニマル浜口ジムで事務員のバイトもしていたと書いてあって、びっくり。
浜口京子さんのレスリングのスパーリングの相手もしたり、アニマル浜口さんの奥さんからお弁当も作ってもらっていたそうです。

ただ、アニマル浜口さんは練習になると豹変して娘の京子さんと親子ゲンカをすることも多かったとか。
あのテンションはやはりTV用だったか・・・
内藤選手とアニマル浜口さんの対談も聞いてみたいなー

私の夢は内藤VSイケメン

武藤敬司選手に憧れてプロレスラーを目指した内藤選手。
その武藤敬司選手のプロレス団体で活躍しているのが、同じ足立区出身の黒潮”イケメン”二郎選手。

黒潮“イケメン”二郎 – 選手|WRESTLE-1(レッスルワン)公式サイト

所属団体もキャラも違うけど・・・いつか足立区対決が実現できますように。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA