骨格スタイル分析で「自分に合うファッション」を知る

Pocket

「自分に似合う洋服を見つけたい!」ということで、イメージコンサルタントの小島みな子さんにアドバイスしてもらいました。

「パーソナルカラー診断」で自分に似合う色を知る | プレゼントで世界を変える

パーソナルカラー診断の次は「骨格スタイル分析」です。

骨格スタイル分析とは?

骨格によって服のデザイン・素材・着こなし方法が変わるそうです。
雑誌で見た洋服や、店頭に飾ってあった洋服を試着してみたら、

  • 何となく似合わない・・・
  • 太って見える・・・
  • 安っぽく見える・・・

という経験はありませんか?
それは「モデルと自分の骨格が違う」というのが原因のひとつでもあるそうです。
自分の骨格にあった素材や形を知ることで、スタイルが全く変わって見えるとのこと。

3つの骨格のスタイル

みな子さんによると、筋肉や関節の特徴により、3つの骨格スタイルに分類されるそうです。芸能人で例えると

ストレート・・・藤原紀香、米倉涼子、小池栄子
ウェーブ・・・ベッキー、松田聖子、佐々木希
ナチュラル・・・今井美樹、萬田久子、浅野温子

骨格スタイル分析とは? | 骨格スタイル協会

 

 

 

ストレートは襟元が開いている洋服、ウェーブは襟元が狭い(丸襟)洋服、ナチュラルはドルマンなどのざっくりとした洋服が合うとのこと。

私も早速みな子さんに診断してもらいました!みな子さんが手首・鎖骨・腰などを触って確認していきます。「これで分かるの?!」というぐらいの軽いタッチです(笑)

結果は日本人に一番多いと言われている、ストレートタイプでした。
確かに私は丸襟やフリルなどの甘めの洋服、ざっくりとした洋服は似合わないと自覚していたので、納得。

肌の質感で洋服の素材も分かるそうです。私の場合、トップスは柔らかい素材、ボトムスは張りのある素材がいいと教えてもらいました。

また、他にも腕の色でシルバーかゴールドのどちらがいいのか、手首の形でアクセサリーや腕時計は細目がいいのか、太目がいいのかも教えてもらいました。身体に少し触れただけでここまで分かるの?!とビックリ。

 

DSC_1042

 

ここでも出てくる『思い込み』

私は柄物も好きなので、どんな柄がいいのかも教えてもらいました。
特に驚いたのが、ボーダーの太さです。

今まで私は「太ってみえそう」「子供っぽく見られそう」と太目のボーダーを避けてきました。
しかし、みな子さんによると、私は細めのボーダーだと印象が薄くなってしまうので、太めのボーダー、水玉も大きめ、チェックも花柄も大きめが似合うとのことでした。

う~ん、いままで柄物が小さめが似合うと勝手に思い込んでいたので、プロであるみな子さんに教えてもらって、ますますビックリ。
太めや大きめの柄に挑戦してみようとワクワクした気持ちにもなれました。

ヒザは隠した方が若く見える?!

そして最近悩んでいたことが、スカートの丈の長さ。
最近何となくヒザ上丈のスカートに違和感があったのです。思い切ってみな子さんに聞いてみたところ、「ある程度オトナの女性になると、ヒザは隠したほうが若く見えます」とのことでした。

ではどうやって自分に合ったスカートの丈を知ることができるのかも聞いてみました。
その場合は「鏡の前でスカートをあててみて、自分の足を一番キレイに見せてくれる丈を鏡を見つけるのがいいですよ」と教えてもらいました。

ヒザは年齢が出やすいところ。意外とヒザ上丈のスカートよりヒザが隠れる丈のスカートの方が、足がキレイに見えるそうです。

色だけでは「オシャレ」は成立しない

パーソナルカラーと骨格診断を合わせると、最強の組み合わせになそうです。
自分の色が合っていても素材が合っていないと、スタイルが悪く見えたり、何となくボヤけてしまう原因の一つになるとのこと。

パーソナルカラーで似合う色を、骨格診断で似合う素材を知ると、洋服選びに悩まなくなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です