The MYSTERY GOLF m-artアプローチウェッジを新調しました ウミガメの刻印がお気に入り

ゴルフを始めて10数年目。
長い間サンドウェッジ(SW)1本で頑張ってきましたが、そろそろもう1本欲しくなりました。

ウェッジとは?

ウェッジは短い距離やバンカーショットを打ちやすくするゴルフクラブです。
私の場合60ヤード以内は主にサンドウェッジ(SW)、60〜100ヤードはピッチングウェッジ(PW)を使っていました。

ウェッジの選び方 – アプローチがもっと得意になる! | GDOゴルフショップ

サンドウェッジ(SW)一本だと距離や高さによって打ち方を変えなければいけないので、判断が難しい。
アプローチのミスショットの原因にもなっていました。
(もちろん私の技術もないからですが・・・)

「もう少し楽に短い距離を打てるようになりたい」
と思うようになったのです。

そこで欲しくなったのがSWとPWの間に使うアプローチウェッジ(AW)
周りの女性ゴルファーがどういうウェッジを使っているのか、聞いてみました。

広告

候補に挙がったウェッジ

気になったのがキャスコの「ドルフィンウェッジ」

ドルフィンウェッジ シリーズ DW118 DW116 DW113 DW115G | キャスコ株式会社

友人の女性ゴルファーも「ドルフィンにしてからバンカーが出やすくなった」とのこと。
イルカのデザインも可愛い。

イルカではなくカメを選択

知り合いのゴルフ工房に相談に行ったところ、
「最近ドルフィンから買い替える人が多いよ」
と教えてもらったのがThe MYSTERY GOLF(ミステリーゴルフ)の「m-artアプローチウェッジ」

The MYSTERY GOLF [ミステリーゴルフ m-art]

  • ハイビスカス・・・赤
  • モンステラ・・・緑
  • ホヌ(ウミガメ)・・・青

の3種類からデザインが選べます。

ドルフィンはゴルフ仲間と被ってしまうので、今回はカメさんのアプローチウェッジ(AW)にしました。
(同じクラブだと一緒にゴルフに行った時、間違いやすいのです)

練習場で打ってみた感想

オーダーしてから約1ヶ月。
お待ちかねのウェッジが出来上がりました。
シャフトはN.S.PROのZELOS 7(R)

ZELOS 7シリーズ – 日本シャフト|N.S.PRO

ロフト角は52°
ライ角は63°です。
(と言っても私はクラブのスペックには詳しくないのですが・・・)

カメさんウェッジは軽くて打ちやすかったです。
高さも出るし、調子は上々。

月末にカメさんウェッジはコースデビューの予定。

おみくみ
どうか熱中症にならずに行けますように

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で