新所沢「ALTELICHT(アルテリヒト)」海外のヴィンテージ洋服が買えるお店

所沢で発見

映画「翔んで埼玉」で有名(?)となった、埼玉県所沢市。

作者の魔夜峰央さんが以前所沢市に住んでいたとか。
そんな所沢で素敵なお店を見つけました。

友人のInstagramで知ったのが「ALTELICHT(アルテリヒト)」
西武新宿線の新所沢駅から徒歩2分。

「翔んで埼玉」の聖地と言われている、新所沢シネパーク(新所沢パルコ)の向かいにあるお店です。

広告

柄物ワンピースが可愛い

店内は古着屋さんというよりアンティークのセレクトショップという感じ。

店長さんによると、店内の商品ヨーロッパやアメリカなど海外から買い付けた洋服や小物がメインで、日本のヨウジヤマモトやコム・デ・ギャルソンも一部で取り扱っているそうです。

私が行った時はちょうど冬のSALE中。
大好きな柄物ワンピースがお安くなってました。

試着は必須

サイズは洋服によって異なる為、試着は必須です。
欧米人と日本人とは体型も違うので、着てみたら思っていたより丈が短い、ウエストかキツイということも。

私も目に付いたワンピースをたくさん抱えて試着室に篭もりました。

ハンドメイドのワンピース

私が選んだのは1970年代のアメリカのワンピース。
ハンドメイドなので、世界に一つだけのワンピースです。

大好きなブルーに不規則な大きさの水玉、ボタンのデザイン、襟の開き方が私好み。

アメリカのお母さんが娘さんの為に作ったのかな?
もう娘さんは当時のお母さんくらいの年齢かな?
想像しながら着るのも楽しい。

ハナエモリのセットアップ

1980年代のハナエモリのセットアップも一目惚れで購入。

蝶のプリントにフリルやプリーツで甘めのデザインと思いきや、試着してみたら思っていたよりもエレガントに見えます。

約40年前の洋服とは思えません。

こんな人にオススメ

お店のInstagramは営業日はほぼ毎日更新されています。

残念ながらネット販売は行っていませんが、投稿の写真を見て気になったなら、すぐに新所沢に行くべきです。

他人と被らない洋服を探している人にもオススメ。
宝探しのようにワクワクするお店でした。
営業時間は12時から20時までです。

おみくみ
柄物のワンピースがオススメ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で