五藤隆介著「理系の料理」定年退職後の教科書としてプレゼントしました

理系に最適なプレゼントとは?

東大卒、元銀行員(数字大好き)の知人男性。
年に会う時にお菓子を贈っていましたが、そろそろ私もネタ切れ。
本が好きな人なので今回は本を贈ることにしました。

そこでたまたまSNSで見かけたのが五藤隆介さんの「理系の料理」という本。

『チューブ生姜適量ではなくて1㎝がいい人』

まさに知人男性が喜びそうなワードに惹かれて購入しました。

広告

理系は『工程表』という言葉に喜ぶ

この本では、まず『牛丼の工程表』が出てきます。
玉ねぎだけでも

  • 玉ねぎを2分割する
  • 玉ねぎの重さを計量する
  • 玉ねぎの固い部分を取り除く
  • 玉ねぎの皮をむく
  • 玉ねぎをスライスする

と、手順が書かれていました。

文系の私には正直
「牛丼作るのにこんなに細かく書くの?!」
と驚きの内容でしたが、理系の人は読んで納得するようです。

知人は現役時代工場で購買や原価管理の仕事もしていたので、工程表やフローチャートという言葉が大好き。
本を渡した時、工程表について10分近く語っていました。

定年後の教科書になりますように

もうすぐ定年の知人は
「奥さんの前では読めないな~」
と言ってましたが、嬉しそうに持って帰ってくれました。
是非工程表通りに牛丼を料理し、奥様に振舞ってもらいたいものです。

この本は単なる「男の料理」レシピ本ではありません。
『調理時間や調味料の分量はデータ化してPDCAを回す』
理系が喜ぶワードもたくさん出てきます。

料理に対する考え方から調理器具、調味料、食材の買い方や保存方法など、料理を始めるまでの過程が細かすぎるぐらい書いてありました。
特に理数系の男性にオススメのプレゼントです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA