1,000円で買えるプレゼント「手ぬぐい」は男性へのプレゼントにもオススメです

学生時代に部活で剣道をやっていたので、手ぬぐいは身近な存在でした。
剣道は頭に手ぬぐいを巻いてから防具を被るのです。

数年前に偶然手ぬぐいを見かけ、懐かしくて買ってみたらハンカチよりも便利なことに気が付きました。

手ぬぐいのメリット

(1)乾くのが早い

タオルのように端に耳があると更に生地が厚くなり、乾くのに時間がかかってしまいます。
手ぬぐいは耳がない上に生地も薄いので、タオルより早く乾きます。

(2)アイロンいらず

ハンカチはアイロンをかけないとシワシワになってしまいます。
アイロン掛けも毎回面倒。

手ぬぐいならあらかじめ干す時に伸ばしておけば、アイロンも必要ありません。

広告

手ぬぐいの注意点

ただ1つ困るのが、耳がない分端がほつれてしまうこと。
こまめに切らなければなりません。

私も以前ほつれを切らないで放置してしたらバッグのファスナーに噛んでしまい、悲劇が起きました。

柄を選ぶのもギフト

以前手ぬぐいを買いに行った時、店員さんから「手ぬぐいの柄には意味が込められているんですよ」と教えてもらったことがありました。

ナスの柄は

物事を成す(なす)といった意味合いから、縁起物として喜ばれてきた柄。

トンボの柄は

前にしか進まず退かないことから、「退くに転ぜず、決して退却しない」の精神を表すものとして特に武士に喜ばれてきた柄

確かに手ぬぐいって柄のイメージが。
柄に想いをのせて贈るのも良さそうです。

男性に喜ばれた理由とは?

最近は男性に手ぬぐいを贈ることが多いです。

以前男性に贈ったら
「ハンカチやハンドタオルは湿ってしまうけど、手ぬぐいだと乾くのが早い気がする」
「ポケットに入れてもかさばらない」
と喜んでもらえたことがありました。

年配の男性からはボディタオルを手ぬぐいに変えたところ、サウナに行った時の荷物が軽くなったと教えてくれたことも。

手ぬぐいのメリットが特に男性に合うようです。

どこで買えるの?

実はアイチャッチ画像の手ぬぐいは、都内にある某大手文房具店で見つけました。
本屋さんでも手ぬぐいを販売しているのを見たことがあります。

最近では「手ぬぐい専門店」もあるんですね。

 

View this post on Instagram

 

代官山店30周年 「てぬぐいのいま」 ご当地てぬぐいの販売が8/10より始まりました! 是非ご来店お待ちしております。

かまわぬさん(@tenugui_kamawanu)がシェアした投稿 –

おみくみ
インテリアとして飾る人も多いので、雑貨屋さんでも販売していることがありますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA