スターバックスeGiftのメールを紛失しない為の方法とは?

気軽に贈れる・もらえるプレゼント

誕生日プレゼントでスターバックスのeGiftをいただきました。

メールにドリンクチケットが添付されているので、スターバックスの店舗で画面を見せるとメールの金額分が利用できます。
気軽に贈れるプレゼントとして最適のサービスです。

どうやって使うの?

eGiftのドリンクチケットは1枚500円。

今回はソイラテのベンティ(一番大きいサイズ)をオーダーしました。
税込で540円なので40円は自己負担です。

ドリップコーヒーのベンティは420円(税込)ですが、差額の80円は返金されません。
ドリンクが500円未満ならない場合は、一緒にサイドメニューを頼む方法もあります。

 

ドリンクチケットが見つからない

私は今までスターバックスのeGiftは「贈る側」が多かったのですが、「贈られた側」になって気づいたことがありました。

それは「eGiftのメールが見つからない」問題です。

間違ってメールを消してしまったり、友人とLINEやメッセンジャーのやり取りをしていると、eGiftのメールを見逃してしまうのです。

慌てて「スターバックス eGift 紛失」で検索したところ、スターバックスの「よくあるご質問」にドリンクチケットの保存方法が書いてありました。

Starbucks eGift

Walletに追加する

ドリンクチケットを行方不明にしない方法としては、「Wallet」というアプリを利用することです。
ドリンクチケットの「Walletに追加する」ボタンをタップして、アプリを起動させると保存ができます。

また、予め「My Starbucks」の登録が必要ですが
ドリンク/フードチケット画面の「保存する」ボタンをタップすると保存することもできます。

それでも見つからない場合、スターバックスから再送することができないので、贈り主にメールを再送してもらうようお願いしなければなりません。
再送ってちょっと気まずい・・・
せっかくもらったのですから利用したいですよね。

ドリンクチケットを気持ちよく使う為に

結論。一番いいのはeギフトをもらったら、すぐにスターバックスに行くこと(使うこと)です。
後で使おうと思っていると、あっという間に有効期限が過ぎてしまいます。
(eGiftの有効期限はギフトの購入時から4ヶ月先の月末)

せっかくいただいたギフトは大切かつ速やかに使いましょう。

感動経験でお客様の心をギュッとつかむ! スターバックスの教え
目黒勝道
朝日新聞出版 (2014-07-18)
売り上げランキング: 31,408

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA