入院時に持っていくと便利な6アイテム S字フックがあれば最強

6日間入院して分かったこと

今回手術で6日間入院しました。

以前友人が入院した時
「これを持っていけばいいよ」
と教えてもらったものを持参したものの、
「あれを持って行けばよかった・・・」
と思うこともあったので、ブログで紹介します。

これから入院する女性の参考になれば幸いです。

広告

持って行くと便利なもの

(1)モバイルWi-Fiルーター

手術の前と退院の前程暇な時間はありません。
スマホを見ているとあっという間にパケットを消費してしまうので、モバイルWi-Fiルーターがあって大変助かりました。
ルーターの充電器も忘れずに。

【公式】WiFiレンタルどっとこむ|WiFiレンタル日本国内専用

いつ退院できるか分からなかったので、私は1ヶ月で契約しました。
余裕を持ってレンタルしておくのがオススメです。

(2)QUOカード

貰ったまま使っていなかったQUOカードは今回大活躍。
病院内にコンビニがあったので、支払いはQUOカードを使いました。

ギフト券(商品券)といえばQUOカード(株式会社クオカード)

点滴スタンドを持ちながらお財布を出すのは意外と大変なんです。
お見舞いにQUOカードを贈るのもオススメです。

(3)小さめのショルダーバッグ
私も入院するまでは
「バッグなんて何でもいいんじゃない?」
と思っていました。

手提げタイプだと片手が不安定になるので、歩きにくいのです。

斜め掛けにすれば両手が使えるし、バッグをトイレに置いたまま忘れてしまった・・・

なんてこともありません。

ポイントは、ファスナーがついていないものを選ぶこと。
ファスナーがついていると出し入れが不便です。

ショルダーバッグをかけて院内を歩いていたら、他の患者さんにも
「そのバッグ、便利そうですね」
と声をかけられました。

ちなみにこのショルダーバッグは、入院前に行ったCUICUIのLIVEで購入したもの。大活躍でした。

(4)S字フック
以前入院した友人から
「絶対あると便利だよ!」
と教えてもらっていたのがS字フック。

100円ショップでも売っています。
タオルやショルダーバッグをかけられて便利でした。

BOXティッシュもカバーに紐がついて入れば引っ掛けておけます。
わざわざ起き上がらなくて良いので、地味に便利でした。

(5)デオドラントシート

私の入院した病院では「シャワーは2日1回」と利用制限があった為、シャワーができない日はデオドラントシートで身体を拭いていました。

病室内は思っていた以上に汗をかきます。

顔はビオレの「メイクの上からリフレッシュシート」が大活躍でした。

動けるようになっても点滴が手の甲に刺さっていたので、顔を洗うのが大変だったのです。

持って行けばよかったもの

入院して「持って行けばよかった」と思ったのがマウススプレー&マウスウオッシュです。

手術後はベッドから動けなかったので、歯磨きもベッドの上。
看護師さんが介助してくれますが、これがなかなか大変なのです。

以前、オーラルケアを見直したくて、歯科衛生士である豊山とえ子さんの『長生きしたけりゃ歯を磨いてはいけません』を読んだことがありました。


本の中でオススメのマウススプレーとして紹介されていたのを読んで、購入していたのです。
マウススプレーを持って行けば良かったと後悔しました。

これなら歯磨きできない時はスプレーをするだけ。
もう入院はしたくないけど、次回は必ず持参します。

最後にひとこと

入院して思ったことは
「やっぱり健康が第一」

もう入院も手術もしたくないけど、私の経験が誰かの役に立てれば…と思って書きました。

おみくみ
S字フックは絶対持って行って!

ティディ(Tidy) フック ウォームホワイト 6.5cm フレキシブルに曲がる はずれにくいS字フック OT-666-300-7 3個セット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA