ゴルフコースに持って行くべきアイテム5つ これがあれば大丈夫

これからコースデビューする人へ

ゴルフを始めて10数年。
最近ゴルフを始めたばかりの人から「コースに何を持って行けばいい?」
と聞かれることが増えました。
私が毎回持って行くアイテムを紹介します。

広告

小銭

コースの途中にある売店は自動販売機のみというゴルフ場も増えてきました。
大体ゴルフ場価格で500mlの水が200円、コーラが250円だったりします。

特に真夏は持参した飲み物を飲み干してしまい、小銭がなくて飲み物が買えない…
という事態になると大変です。

ティッシュ

ゴルフ場には杉やヒノキの木、ブタ草がわんさか生えてます。
花粉症のシーズン以外でもくしゃみや鼻水が止まらない場合があるので、ティッシュは持っておくべきアイテムの一つ。

絆創膏

ゴルフは屋外のスポーツなので、ちょっとしたケガはつきものです。
乾燥で爪が割れてしまった時も、絆創膏があれば応急処置ができます。

S字フック

以前ブログにも書きましたが、これがあると本当に便利です。
特に私は2ℓのペットボトルを持って行くので、4人で乗用カートに乗ると荷物でパンパンになりがち。

100円ショップのダイソーで2ℓのペットボトルカバーを購入 真夏のゴルフ必需品です

そんなときは私はS字フックを自分のキャディバッグにつけて、ペットボトルカバーをひっかけておけば間違って飲まれてしまうこともありません。

意外とあるのです、同じペットボトルを買ってしまうと間違って飲まれてしまうこと・・・

ラウンドバッグ

最後は「ラウンドバッグ」
バッグなんて何でもいいと思っていませんか?
ファスナー付きは必須です。
バッグの口が開いてると間違いなくカラスの襲撃に遭います。
カラスはバッグの中に入っている、おにぎりやおやつを狙っているのです。

ちなみに私はファスナー付きのバッグをカラスに漁られ、ポケットに入っていた皮膚科の診察券を取られてしまいました
(他のお客さんに拾ってもらいましたが)

カラスにスマートフォンを取られてしまった時もあるので、自己防衛が必要です。
万が一取られてしまっても、ゴルフ場は何もしてくれません。

先日行ったゴルフ場のキャディさんによると、車のキーをカートに置いていたらカラスに持って行かれてしまい、自分の車で帰れなくなったお客さんがいたそうです。
カラス恐ろしや…

貴重品はコースに持ち込んではいけません。
セキュリティBOXに入れておくか、フロントに預けるのが懸命です。

まとめ

私の経験上、
「小銭持ってない?途中で飲み物買いたいんだけど」
「絆創膏持ってない?」
「ティシュ持ってない?」
と聞いてくる人は意外と多いです。

絆創膏やティッシュはキャディさんが持っていることがありますが、セルフプレーの時は「誰か持ってない?」と慌てるだけ。
特に接待ゴルフや目上の人とゴルフに行く時、このアイテムがあると喜ばれます。
この5つがあればとりあえず大丈夫。

おみくみ
ビニール袋もカラスに狙われやすいのでNGです

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で