「Evernoteプレミアムプラン」チャットでキャンセルと返金ができました

Evernoteを使う理由

2014年からメモアプリの「Evernote(エバーノート)」を利用しています。

最高のメモアプリ – Evernote で大切なノートを整理

Evernoteはテキストだけではなく写真やPDFも保存ができ、検索もできる機能を持っているのが特徴。
MacBook ProとiPadとiPhoneで同期ができるので、ブログのアイディアや下書きを保存するのに活用しています。


例えば移動中にiPhoneでブログの下書きをEvernoteに入力し、自宅に帰ってからMacBook ProのEvernoteを開くと、iPhoneで入力したブログの下書きが同期されているのです

Evernoteは無料でも使えますが、容量が少ないので月額600円のプレミアムプランを使っていました。

プレミアムプランなら同期できる端末の制限がないのも嬉しい。

(無料のベーシックプランは端末2台迄同期が可能)

プランを比較して無料で利用開始 | Evernote

広告

自動更新をしていたはずが・・・

2014年からずっとプレミアムプランを愛用し、自動更新の設定を行なっていたのですが、ある日突然Evernoteから

「定期購入を解約しました」

とメールが届きました。
アカウント情報を見てみると、いつの前にか無料のベーシックプランになっていたのです。


慌ててブログを教えてくれている、ブログコーチのものくろさんに聞いたところ、

「クレジットカードの有効期限が切れていませんか?」

と聞かれました。


確か半年ぐらい前に新しいカードに変更したような・・・ものくろさんから

「再度カード情報を入力すればプレミアムプランになりますよ」

と教えてもらい、再度入力してみることにしました。

間違って別のアカウントで申込

入力したものの、アカウントの状況はベーシックプランのまま。

おかしいと思って再度見てみると、Evernoteに2つのアカウントを持っていたため、通常使っているアカウントではないアカウントでプレミアムプランの申込をしてしまったことに気がつきました。


Evernoteの「ヘルプ&参考情報」のページで調べてみると

「キャンセルに対する返金はございません」

と書いてあるではありませんか。

しかも今回間違ってプレミアムプランを申込したアカウントは、アカウントを作成だけしてテキストも写真も保存していません。

再度課金するしかないのか?

絶望した気持ちでいたところ、Evernoteのホームページ内のヘルプ&参考情報内にチャットで問い合わせができることを知りました。

リクエストを送信 – Evernote ヘルプ&参考情報

<注意>
質問内容を選択してからでないとチャット画面が表示されないので、注意が必要です。
取り急ぎチャットで問い合わせしてみることにしました。

チャットで返金依頼ができた

オペレーターさんは名前から見ると日本人ではなさそう。

私が日本語で入力されると同時に英語で翻訳されていきます。

「今まで使っていたアカウントと別のアカウントでプレミアムプランに申込をしてしまい、一度キャンセルしました。 もう一度今使っているアカウントでプレミアムに申込したいのですが、どうすればいいでしょうか?」

と問い合わせしてみました。

すると、オペレーターさんから

「プレミアムプランを購入した際に登録したメールアドレスを教えてもらってもいいですか?」

「プレミアムプランを購入する予定のもう一つのメールアドレスを教えてください。」

とチャットが届いたので、それぞれのメールアドレスをチャットに入力しました。


待つこと数秒。

「解約・返金のお手伝いをさせていただきます」

「返金を処理するためには、支払いの詳細をお客様に確認する必要があります。使用したカードの姓名とカードの下4桁を教えてください。」

とチャットが届きました。

カードの姓名とカード番号の下4桁を入力したところ、1〜2分後に返金処理ができたと返信がありました。
再度今まで使っていたアカウントにカード情報を入力したところ、無事にプレミアムプランが使えるようになったのです。
諦めないで聞いてみて良かったと思う出来事でした。

金額がおかしい?

安心したのもつかの間。

料金が年間4,000円だったのが、5,200円になっていました。

どうやら今まではキャンペーンで4,000円になっていたようです。

今回は通常の料金である年間5,200円。


悩みましたが、Evernoteには今までのブログの下書きが全部入っているので、ここで新たなアプリにデータ移行をするより5,200円支払った方が楽かなと思い、Evernoteを使い続けることを決断しました。

まとめ

チャットでオペレーターさんに親切丁寧に接してもらえたのもEvernoteを続けようと思えたきっかけの一つです。

正直もっとドライな対応をされるだろうと思っていたので、チャットの対応は意外でした。

せっかく年間で5,200円も支払っているので、今回の出来事を機にテキストだけでなくいろんな活用方法にもチャレンジしてみようと思います。

おみくみ
カードの有効期限は気をつけよう

はじめてのEVERNOTE情報整理術―知識ゼロから完全マスター! (SAKURA・MOOK 45) ムック – 2010/10/8

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で