ワイン「SUBRINA(サブリナ)」は海底で熟成 海が好きな人へのプレゼントに最適

伊豆の海に沈むワイン

プレゼント選びの達人(@OmikumiG )おみくみです。


プレゼントでワインを贈ることが多いのですが、今回「海底で熟成されたワイン」というのを知りました。
SUBRINA(サブリナ)は静岡県の南伊豆の海底で熟成させたワインです。

STORY – 海底熟成ワイン・SUBRINA サブリナ

ワインは南アフリカ産の赤ワイン。

海底での一定期間の熟成によってタンニンやアルコール感が和らぎ、凝縮した果実味と豊富な酸を存分に堪能することができます。

SUBRINAホームページより

今販売しているのは2019年のワインです(2021年10月現在)

SERIES – 海底熟成ワイン・SUBRINA サブリナ


南伊豆のヒリゾ浜はよく行く場所だったのですが、ワインが海底に沈んでいるとは知りませんでした。

ヒリゾ浜は伊豆の中でも抜群の透明度です。

これは私が夏にヒリゾ浜に行った時の写真。

冬でも透明度が変わらないのがヒリゾ浜の魅力です。

広告

ラベルのないワインボトル

SUBRINA(サブリナ)は水深15メートルの海底で半年間熟成させている為、ラベルは貼ってありません。

ボトルに全体的に白い模様があるように見えるのは、海中の石灰藻やフジツボなどの堆積物です。

もちろんワインの味には影響ありません。

贈る時にボトルの説明をするのをお忘れなく。


店舗販売は行なっていない為、自分でボトルを選ぶことができないのは残念ですが、シリアルナンバー付きでプレミア感が出ます。

プレゼント映えするラッピング

一番気に入ったのが「ラッピング」です。

ワインは赤ワイン一種類ですが、ラッピングの種類が豊富。

GIFT – 海底熟成ワイン・SUBRINA サブリナ

季節をイメージしたラッピングの他、メッセージを込めたラッピングが5種類あります。

例えば誕生日など記念日をお祝いするなら「Anniversary」、お世話になった人に贈るなら「Thanks」をイメージしたラッピングがオススメ。

贈る相手への想いをラッピングに込められます。

今回、私はヒリゾ浜の海のようなラッピングのデザインが気に入って夏限定のSUBRINAを選びました。


贈る相手やシチュエーションによってラッピングが変えられるのが嬉しい。


最近プレゼントもラッピングが簡素化になって寂しくなっていたのですが、久しぶりにこんなに華やかで映えるラッピングを見つけました。

こんな人にオススメ

  • お酒が好きな人
  • ワインが好きな人
  • 海が好きな人

ダイビングなどマリンスポーツが好きな人に贈るのもオススメです。


今までワインが好きな人には好みやこだわりがあったりすることが多いので、あまり贈ることはなかったのですが、これならコレクションとしても喜ばれそう。

オリジナルのワインオープナーもありました。


ぐるなびの「接待の手土産 セレクション2021spin-off」特別賞「話題賞」を受賞する理由が分かります。

海底で熟成されたワイン SUBRINA サブリナ ACT3 2019-海底で熟成されたワインSUBRINA 接待の手土産[ぐるなび]


贈る相手が予算1万円台で映えるプレゼントを探しているなら、SUBRINAはオススメです。

海底で熟成されたワイン – SUBRINA サブリナ 赤 シラー フルボディ 750ml (2019 ACT3ギフトボックス・夏限定ラッピング)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で