PURE-J「GW板橋3DAYS祭り」2022.5.4板橋グリーンホール 初めての女子プロレス観戦記

PURE-J女子プロレスとは?

東京都足立区に拠点を持つ女子プロレスの団体です。

Front Page | PURE-J女子プロレスは、施設慰問、スポーツ教室など地元密着の女子プロレス団体です。


以前浅草プロレスの旗揚げ試合にも出場していた、コマンドボリショイさんが主宰しています。

PURE-Jは以前から気になっていた団体。


特にチリから単身でプロレスラーになったAKARI選手は以前から注目していました。

来日して3年程しか立っていないのに、日本語もプロレスも熱心に取組むAKARI選手。

テレビ東京でもAKARI選手を取材していました。

憧れの「PURE-J」に所属!女子プロレスが好きすぎるチリ女性の半生とニッポンでの生活:コレ!?が好…|テレ東プラス

広告

初めての女子プロレス観戦

SNSでGWの5月3日から5日まで板橋で試合があると知り、思い切って5月4日の試合を観に行ってきました。

会場は板橋区にある「板橋グリーンホール」

東武東上線の大山駅から歩いて5分程の場所にあります。

板橋区立文化会館 / グリーンホール


中に入ると受付にいたのは社長のコマンドボリショイさん。

運良く最前列のチケットを購入することができました。


コロナ対策で声を出しての応援ができないため、PURE-Jでは楽器を使って応援することができます。

マラカスや鈴を大空ちえ選手が自ら客席に配っていました。

第一試合から第三試合

第一試合は推しのAKARI選手と以前から密かに応援していた米山香織選手。


米山香織選手はいろんなキャラクターになれるプロレスラーです。


好きなプロレスラー同士の対決にハラハラしながら観ていました。

結果は米山選手の勝利。

試合後2人がハグしている姿を見て感動してしまいました。

第二試合はライディーン鋼選手と関口翔選手の対決。

体重差が2倍くらいあるのでは?と思う程、ライディーン鋼選手の大きさに驚きました。

負けじとぶつかる関口翔選手。

リングの音が凄かったです。


第三試合は中森華子&久令愛選手とKAZUKI&谷もも選手のタッグマッチ。

女子プロらしい、華やかさと強さが溢れている試合でした。

谷もも選手のファイトに再び感動。

休憩時間はグッズ販売

ここで一旦休憩時間へ。

試合直後でも選手自ら販売を行います。


米山香織選手とAKARI選手とお話しできて3度目の感動。

差し入れも渡すことができました。

第四試合とメイン

第四試合はベルトをかけて梅咲遥選手と大空ちえ選手の対決です。


さっきまで他の選手のセコンドで走り回っていた大空ちえ選手が頑張ったものの、梅咲遥選手の勝利で初防衛に成功。

最後はLeon選手と優宇選手の「PURE-J認定無差別級選手権」

優宇選手の迫力が凄かったです。

Leon選手の背中が真っ赤。

メインイベントにふさわしい、迫力のある試合でした。

まとめ

座席は少し間隔はあるものの、試合毎にリングの消毒や換気を行い、徹底したコロナ対策を行なっていました。


試合後すぐに売店で販売をしている選手達。


コロナ禍の中で試合を続けるのは本当に大変なことだと思います。
私はひたむきにプロレスに取り組む彼女達を応援するのみ。

次の試合も楽しみです。

PURE‐J女子プロレス旗揚げ記念興行~DREAM GO! ~ 2017.8.11 後楽園ホール [DVD]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で