「ジャパンインターナショナルボートショー2018」に行ってきました

Pocket

2018年3月8日~11日にパシフィコ横浜で開催された、「ジャパンインターナショナルボートショー2018」に行ってみました。

豪華なクルーザーからスワンボートまで

レクサスの巨大クルーザーや、8,000万円(!)のクルーザーが展示してあったり、
「誰が買うの?加○雄三?」と思うような船が並んでいました。

中には急に原始的な?乗り物も。

と思ったらエンジンありましたー
めっちゃ早そうね。

津波シェルターもありました。

いろんな世界があることを実感

私が面白いと思ったのは、船の他に高額所得者向けのブースがあったこと。

化粧品やサプリメントを販売しているDHCはヘリを展示。

DHCはヘリコプターを所有しており、都内を遊覧するコースもあるそうです。

他にもランボルギーニやテスラなどの高級車が展示してあったり、クレジットカードの営業もあったり。


船を見にきたのに?と思うかもしれませんが、説明を聞いている人を見かけました。

高額な船を買う人には、時と場所なんて関係ないのかも?
いや、ここでブラックカードの申込する人っているのかしら。

まとめ

海のレジャーやマリンスポーツは日本ではまだまだマイナー。

お客さんが限られるイベントなので、若干さみしい…じゃなくて、落ち着いた感じのイベントでした。

入場料は1,200円ですが、中学生以下は無料なので家族で行くのも良さそう。

横浜ベイサイドマリーナでは係留してあるボートやクルーザーが展示してあり、
実際にクルーザーにも乗ることができたようです。(事前の予約が必要)

体験乗船プログラム|ジャパンインターナショナルボートショー2018公式サイト

毎年行われているイベントなので、「自分のクルーザーを持ちたい!」と思う方は来年行ってみるのはいかがでしょうか。
とりあえず船を持ちたいなら、まずは実物を見にいかなきゃね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です