ファッションブランド「tenbo」でひまわりスカートを購入しました

Pocket

きっかけは憧れの女性

私の憧れの女性、加藤茜愛(アカネ)さんがSNSで紹介していた、ファッションブランド「tenbo

にぎやかそうなデザインの洋服が気になるー!

期間限定で「tenbo」のポップアップがオープンしていることを知り、西武池袋本店に行ってきました。
(現在は終了しています)

ファッションで平和を願う

まず目に飛び込んできたのが、千羽鶴のドレス

広島にある「原爆の子の像」に届けられている、1万羽折り鶴を使ったドレスです。圧倒的な存在感!

お店の前を通る人が次々と写真を撮っていました。(もちろん私も撮影)

直観でスカートを購入

そこで目に飛び込んできたのは、鮮やかな黄色のロングスカート。
大きなひまわりの水墨画がプリントされています。
どんな人でも履きやすいように、ウエスト部分はゴムになっていました。

びっくりしたのがポケットの内側の生地もひまわりのプリントがされていたこと。
人から見えない部分にもこだわりがあるのですね。

ロングスカートなので長く愛用できそうです。
履いた時の女性らしいラインも気に入りました。

西武の紙袋もtenbo仕様。

鶴田さんがデッサン画を描いてくれました。黄色ってこんなに素敵な色だったのですね。

黄色で世界が変わる

帰りにふと思い出したことが。
以前このブランドを教えてくれた、加藤茜愛さんから
「もっと明るい洋服を着てみて!黄色とかいいんじゃない?」
とアドバイスをもらったことがあったのです。

スカートを買ってから、茜愛さんに言われたことを思い出すという…
これも運命だったのかしら?!

誰もがファッションを楽しめる世界へ

他にも手が不自由な人でも着られるように、ボタンがマグネットになったシャツや、点字をモチーフにしたジャケットも。
デザイナーの鶴田能史さんの想いを、ご本人から直接聞くことができました。

また、tenboで特に印象深かったのが「アルビノ」の女の子。
(アルビノとは肌の色や髪の毛が白く、目の色がグレーやモスグリーンになる、先天性の障害です)

個性でtenboの洋服を着こなしている姿が特に素敵でした。
私は内面からの個性で着こなせるようになりたいな。

最後に一言

「いいな」と思ったら、とりあえず行ってみる。
思い切って踏み出してみたら、新しい世界が待っていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA