亡くなってしまった猫のグッズ 必要な人へ届けたい

Pocket

きっかけは家族から

姉から
「職場の人が飼っていた猫が亡くなってしまって、キャットフードやトイレ用の砂が残ってしまったらしい。誰か使う人いない?」
とLINEがきました。

我が家では猫は買っていませんが、友人に猫を飼っている人が数人いたので「いいよ、引き取るよ」と承諾したところ・・・
大量のキャットフードとトイレの砂、キャリーバッグにホットカーペット、ひんやりシートまでどっさり持って帰ってきました。
こ、これは想定外の量・・・!

思い切ってSNSで聞いてみる

しかし、猫を飼っている友人に聞いたところ、
エサは決まった銘柄しか食べない
トイレの砂もお気入り以外はいたずらして散らかしてしまう
という理由で却下。猫ってワガママね・・・

さて、どうしよう。
とりあえず他の人に聞いてみようとSNSに投稿したところ、わずか10分で引き取り手が決定しました。ホッ。

必要としている人に渡したい

メ○カ○で売る方法もありましたが、今回は「必要な人へ、自分の手で届ける」という方法を選びました。

猫は好きだけど家では飼えない(同居家族が猫が苦手)ので、せめて少しでも猫と飼い主の役に立てれば・・・という思いがあったからです。

キャットフードの一部は、別のお友達が通っている乗馬倶楽部に引き取ってもらいました。

乗馬倶楽部に住み着いてしまった猫のお世話を、職員の方が個人でしているそうです。

猫達が食べてくれるといいなー

まとめ

大量の猫グッヅを必要な人へ渡すことができて、満足。
いいんです、自己満足で。

ちなみに、キャットフードを寄付するというのは別のお友達のブログを読んで知りました。

キャットフードの変更で残ってしまったキャットフードを寄付しました。 | 渦のなか、ぐるぐる

こういう活動が広がるといいな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です