2020年の5月は「母の月」5月10日を過ぎてもOK 花で言葉を伝えよう

コロナ禍の影響は母の日にまで

プレゼント選びの達人(@OmikumiG )おみくみです。

GW中から物流量がかなり増えているようです。
自宅にいることが多い今、母の日のプレゼントをネットで注文する人が増えているとか。

そんな中、新聞で大きな広告を見ました。

広告

5月は「母の月」にしよう

お花に携わる業界団体が

  • お客様の安全
  • 花店スタッフの安全
  • 花配送の安全

を目的に5月は「母の月」にしようと発信している広告でした。

今年も5月は「母の月」。花を贈ることは言葉を贈ること、でもある。花で言葉を伝えてみよう。

確かにお花屋さんって小さいお店が多い。
週末にたくさんお客さんが押し寄せると、三密になりがちです。

宅配のドライバーさんもトラックの消毒など、普段より作業が増えているとか。

自粛で開いていないお店もたくさんあるので、5月を「母の月」にするのは大賛成です。

まとめ

特設サイトではカーネーション以外の季節の花や、花言葉を紹介していました。

他にもメッセージカードやぬりえがダウンロードできたりと、子供も一緒に楽しめるツールもあります。

スキマの花屋 – at HOME|スキマスイッチ OFFICIAL WEBSITE

こんな状況だから、急いで贈らなくても気持ちは伝わるはず。

おみくみ
「母の月」がもっと広まりますように


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で