食べられるお花「エディブル・フラワー」料理好きへのプレゼント

エディブル・フラワーとは?

プレゼント選びの達人(@OmikumiG )おみくみです。

以前レストランで見かけた、食べられるお花「エディブル・フラワー」のサラダ。
花を添えるだけで料理が鮮やかになります。

以前ブログで紹介した「花のババロア」も「エディブル・フラワー」を使用しています。

ふきのとうも菜の花も「エディブル・フラワー」の一種ですが、ふきのとうや菜の花のような独特の苦味はほとんどありません。
サラダに添えても味の主張はなし。
ほんのり花の香りがする程度です。

広告

普通の花との違い

お花屋さんで売られている花は、観賞用の為農薬を使っている場合があります。
また、花によっては毒を持っている場合もあるので、そのまま食べるのは危険。

農林水産省のガイドラインに基づいて生産された花のみがエディブル・フラワーとして食用になります。
お花屋さんで売っている花を食べるのは厳禁です。

贈る際の注意点

エディブル・フラワーは安全に食べられるように栽培されている為、鮮度が命。
冷蔵で夏は5日、冬は1週間程度しか保存できません。
届いたらすぐに使うことをオススメします。

最近では自分でエディブル・フラワーを育てる人もいるとか。
エディブル・フラワーの種を贈るのも良さそうです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で