ドライヤーを買い換えたい ダイソンかパナソニックか?

梅雨の悩み


美容院でメッシュのカラーを入れてもらってから、いろいろな人に 「おしゃれなカラーですね」 と言ってもらえるようになりました。


その反面、髪の毛の痛みが気になるように・・・ 最近はお風呂上がりに扇風機に当たりながらそのまま髪の毛を乾かしてしまうことも。


更に梅雨に入って髪の毛がうまくまとまらず困っていました。

広告


そうだ、ドライヤーを変えてみよう


ふと思いついたのが「最近ドライヤーを使っていない」こと。

最近使っていると異様に熱くなるので、使用を控えていたのです。
今使っているドライヤーは10年以上使っているはず。

買い替えを検討してみました。


ダイソンのドライヤー


口コミには 「乾かす時間が短縮された」「温度が低いのにしっかり乾いている」「メーカー保証が2年なので安心」 と書いてありました。
しかし「重くて持つのが大変」という声も。

お値段も49,500円(税込)と5万円近い値段が一番の壁です。


パナソニックのドライヤー


口コミサイトやTwitterで好評だったのが「ナノケア」 水分発生量が従来品の18倍だとか。

「髪の毛がサラサラ、ツヤツヤになる」「髪の毛が広がらない、しっとりまとまる」 と書いてあってかなり魅力的。
ただ毎年性能が良くなっているので、今年の秋にもっといい機能が追加されている可能性も。

これで新商品が水分発生量30倍になっていたら悲しい。


どっちにする?


悩んだ結果、パナソニックの「ナノケア」にしました。

理由は値段と重さ。

ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B  | 商品一覧 | ヘアケア | Panasonic

パナソニックの方がダイソンの半額で購入でき、重量も軽いので使いやすいのでは思ったからです。

Twitterで見ると、10万円の給付金で「自分へのプレゼント」として購入している人も多い様子。


なるほど、だから発売から半年以上経過しているのに売切れのお店があるのかな。

おみくみ
いつかはダイソンのドライヤーをプレゼントで貰いたい



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で