【DRAGONGATE】「THE GATE OF PASSION 2022 」川越大会を観に行ってきました(2022年4月23日)

DRAGONGATEとは?

神戸を拠点としているプロレス団体、DRAGONGATE(ドラゴンゲート)の試合を観に行ってきました。

DRAGONGATE:ドラゴンゲート公式サイト


DRAGONGATEはコロナ禍の前に何回か後楽園ホールで試合を観に行ったことがあったのですが、今回は3年振りの試合観戦。

場所は埼玉県川越市にある「えすぽわーる伊佐沼」です。

広告

会場までの行き方


今回の試合会場「えすぽわーる伊佐沼」は駅から離れた場所にある為、会場までは川越駅からタクシー、もしくは車で行くことをオススメします。

バス停からも10分程歩きます。

交通案内 – えすぽわーる伊佐沼


会場の前にはDRAGONGATEのバスが停まっていました。


駐車場は無料。

会場の目の前に駐車できました。

若手選手のエキシビジョンマッチが本格的


試合は全6試合と聞いていたのですが、開始時間前に新人選手のエキシビジョンマッチがありました。
他の団体でも観たことがあったのですが、DRAGONGATEのエキシビジョンマッチはかなり本格的。

このコロナ禍でプロレスラーを目指す彼らは本気度が違う気がしました。

DRAGONGATEのSNSでも一切紹介されていないのが残念。

試合は全6試合


他団体の試合に行っている選手もいたため、いつもより選手は少なく感じましたが、どの選手も個性があって楽しく観戦ができました。


「お客さんに喜んでもらおう」

「楽しんでもらおう」

「自分が強いことをお客さんにアピールしたい」

という選手の気持ちが伝わる試合だったと思います。


ヒールの選手もクスっと笑えるようなことを言ったり、仲間想いなところもあったりで目が離せません。

ここ数日落ち込むことがあったのですが、小規模な会場でも全力でプロレスに取り組む選手を見て、悩んでいた自分の気持ちが楽になりました。

声を出すのはNG


コロナ対策として応援は拍手と手拍子のみ。

声援を贈れないのは残念ですが、野次がないのは嬉しい。


以前はストレス解消に怒鳴りに来ているのか?!と思うような野次もあったのですが、今回は一切ありませんでした。

アルコールの持込も厳禁です。


選手の緊張が伝わると一瞬シーンとなる、会場の空気の張り詰める感じ。

新しいプロレス観戦の楽しみになりました。


これなら女性ファンも安心して観に行けます。

今回もたくさんの女性ファンが観戦に来ていました。


私も女性の友人を誘って行ったのですが「初めてでも充分楽しめた!」と喜んでもらえました。


次の試合観戦も楽しみです。

DRAGONGATE 2022 03月&04月 (ドラゴンゲート) ムック – 2022/3/18

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で