マイケル・ジャクソン「 THIS IS IT」エンターテイメントの頂点を見た

リハーサルが映画に

WOWOWでマイケル・ジャクソンの映画「 THIS IS IT」が放送されていました。

マイケル・ジャクソンが亡くなったのは2009年。
もう10年以上経過していることに驚きました。

広告

実現しなかったコンサート

「 THIS IS IT」は2009年4月から亡くなる直前までのコンサート公演のリハーサル映像をまとめたもの。

久しぶりのコンサート公演だったとはいえ、マイケルが念入りに準備を重ねていたのが分かりました。

トップレベルのバンド、ダンサー、コーラス、スタッフ。
アメリカのエンターテイメントは規模が違います。

マイケルはコンサートを完璧に成功させる為、演出にも細かい指示をしていました。
「スリラー」1曲のみで別撮りの撮影があったりと、スケールの大きなリハーサルにビックリ。

ギタリストのオリアンティとのやりとりも撮影されていました。

最後にひとこと

マイケルがもし生きていたら、今のコロナ禍をどう思うだろうか?
マイケルなら世界を変えられたのではないかと思いながら、見ていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で