『手のひら返しdeあっせんなよ 内藤哲也のホンネ録 』プロレスラーと編集者のやり取りが面白い

活字は多いけど読みやすい

新日本プロレスのプロレスラー、内藤哲也選手の本を読みました。

元々は週刊プロレスでの連載で、内藤哲也選手とパレハ(週刊プロレスの編集者)のやり取りを書き起こしたものです。

パレハとはスペイン語で「仲間」という意味。
編集者もパレハと呼ぶなんて、どれだけ週刊プロレスが好きなのかしら。
と思っていたら、やり取りは男性の友人同士のような感じ。

内藤哲也選手の話したことを書き起こしているので、本が苦手な人でも入りやすそう。
思っていた以上に面白い本でした。

特に印象に残っていたエピソードが

  • スターバックスで一人で手帳に予定を書くのが好き
  • サブウェイが好き(海外遠征時の食事も現地のサブウェイ)
  • 道場に行かないが、新日本プロレスの事務所に行くのは好き

スターバックスで手帳を書くのが好き・・・
私もですよ、内藤さん。

好きなプロレスラーの「好きな話」を知るのは読んでいて楽しい。
NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演した時のエピソードも読めて、ますます内藤哲也選手から目が離せなくなりました。

過去のブログはこちら

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に内藤哲也選手が出演 プロレスファンが増えますように

広告

こんな世の中だから「トランキーロ」

トランキーロはスペイン語で「落ち着いて、焦るな」という意味。
「トランキーロ、あっせんなよ」は内藤哲也選手がよく言うセリフ(?)です。

コロナ禍で不安になるこの時期だからこそ、「トランキーロ」が必要と感じた一冊でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で