エンタメギフトサービス「VOM(ヴォム)」コロナ禍の新しいプレゼント

VOM(ヴォム)とは?

コロナ禍でプレゼントを直接渡すのが難しくなった今、「動画をプレゼントする」サービスがあることを知りました。


VOM(ヴォム)は有名人からオリジナルの動画メッセージを受け取れるサービスです。

VOM(ヴォム)|有名人から動画メッセージをもらおう


VOMに登録している有名人へリクエストを送ると、オリジナルの動画を送ってくれるのです。

サプライズのプレゼントに良さそう。

誕生日祝いの動画を贈るなら、リクエスト時に相手の名前を入力しておけば、有名人が相手の名前を呼びかけてくれる動画が届くというもの。


サプライズにもなる上、これなら直接会わなくても「動画」というオリジナルのプレゼントを贈ることができます。

料金は1,000円〜20,000円と、有名人によって値段が異なります。


2021年7月からとまだ始まったばかりのサービスですが、プロレス好きの私は長州小力さんがいるのを見逃しませんでした。

これは面白そう。

どんなサービスなのか、私もリクエストをお願いしてみようと思います。

広告

アメリカで人気のサービス

また、アメリカでは有名人やセレブからオリジナルの動画メッセージが受け取れる「Cameo(カメオ)」というサービスが流行っていることも知りました。

Cameo – Personalized videos feat. your favorite stars

メッセージを送ってくれるのは俳優や歌手、スポーツ選手、動物までジャンルは様々。


私が子供の頃に大好きだったチャーリー・シーン様からオリジナルのメッセージを受け取れるのです。


中学生の時、「英語で海外に手紙を送ろう」という授業があり、私は憧れだったチャーリー・シーン様に手紙を送ったことを思い出しました(もちろん返事はない)

Cameoでの料金は約50,000円。

さすがハリウッドスターは設定価格が違います。

でも憧れだったチャーリー・シーン様から私の名前を呼びかける動画メッセージが届いたら・・・?

もちろん泣きます。

誰か贈ってくれないかな。

動画はプレゼントになる

以前は動画というと高いビデオカメラで撮影をして、テープに録画していたものがYouTubeやInstagram、Twitterの普及により、スマホで簡単に撮れるようになりました。


気軽に贈れるプレゼントとして、動画はこれから人気が出そうな予感。

「エンタメギフトサービス」はコロナ禍で生まれた新しいプレゼントの一つになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で