映画「彼らが本気で編むときは、」トランスジェンダーと家族の絆とは?

観ようと思ったきっかけ

久しぶりに見たい映画があって映画館へ行きました。
タイトルは
「彼らが本気で編むときは、」
生田斗真さんがトランスジェンダーの女性(戸籍上は男性)を演じています。

たまたまテレビで生田斗真さんが映画について語っているのを見て、興味を持ちました。
トップアイドルに女性の役を演じさせるなんて、ジャニーズ事務所も本気出しています。

広告

自分の気持ちにどう向き合うか

映画の中で、生田斗真さんが演じるリンコさんは
「手術はしたけど、この大きな手は直せない」
「マキオ(リンコさんの彼氏)の子供は産めない」
と話していました。

自分ではどうすることもできないことに対する葛藤。
状況を変えられなくて、悔しい、悲しい・・・

リンコさんはその感情を無心に編み物をすることで、自分の気持ちを表していました。
(どんなモノを編んでいるのかは・・・映画を見てのお楽しみ)

私はトランスジェンダーのことを全て分かっている訳ではないけれど、「こういう生き方もある」と素直に認められるような映画でした。

小池栄子さんのヒールっぷりにも注目

それにしても・・・この映画は登場人物のキャラ設定が私好みでした。
特に小池栄子さん演じるセレブママ役がハマりすぎ。

小池栄子さんほど
「あの子と遊んじゃいけません!」
「あの人は普通じゃないのよ!」
というセリフが似合う女優さんはいません。

以前、ドラマでもママ役をお見かけしたことがありますが、そこでも「イヤーなオバサン」(失礼)全開でした。
でも小池栄子さんのあの演技、嫌いじゃないです。
むしろ好き。

まとめ

私はリンコさんのような「優しくて強い意志のある女性」に憧れます。

最初は違和感があった生田斗真さ・・・いや、リンコさんのワンピース姿も、途中から
「あ、リンコさんのこの洋服ステキ」
と普通に見入っていました。

いろんなことに行き詰まった時に観るのがオススメ。
見終わった後、「普通」って何だろう?と考えさせられる映画です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA