ファッションセンターしまむらのカラータイツは280円「しまバレ」しないアイテムです

脱「黒タイツ宣言」

最近、寒いからと言ってパンツスタイルがメインになっていませんか?
でもスカートは寒い。
どうしてもタイツに頼りがち。
タイツってどうしてほとんどが黒なんでしょう?

実はここ数年、黒のタイツには霹靂していました。
みんな制服のように、スカートには黒のタイツを履いているのです。
まぁ脚が細く見える効果があるのかもしれませんが・・・
なんか見慣れたせいか、垢抜けない。

しかし私も一応大人の為、志茂田景樹のような(例えが古い)ド派手なタイツは履けません。

広告

カラータイツの時代がやってきた

最近、街中で黒以外のタイツをよく見かけるようになりました。

私も黒に飽きて、昨年ぐらいからグレーのタイツを愛用するようになりましたが、今年はグレー以外にも茶色や紺、カーキやボルドーの色のタイツが人気の様子。
特にチェックのスカートの場合、スカートの柄と同じ色のタイツを履くといい感じになることを発見しました。

恒例の「しまパト」で発見

そこで庶民の味方、しまむらにパトロール(通称「しまパト」)行ってみたところ・・・
280円(税込)で探していた色のタイツを発見しました。

濃赤と書いてありますが、茶色に近い赤です。
黄色(からし色)もありましたが、これはちょっと私には派手過ぎたので却下。

このタイツ、黒のコートに映えます。
80デニールで程よい厚み。
これで280円なら大満足です。

注意!古いタイツは意外と目立つ

たまに見かけるのが、履きすぎて生地が一部だけ薄くなってしまったり、毛玉だらけのタイツを履いている女子。
黒だと白い毛玉が余計に目立ちます。
忘年会などで居酒屋のお座敷に座った時とか、結構見られているので要注意。

私は安いタイツは秋から春までガンガン履き倒して、お役目終了にしています。

280円から2,400円のタイツへ

安いタイツを買いつつも、2,400円でイタリアのタイツを購入しました。

イタリアの靴下屋さん「カルツェドニア」で2,400円のタイツを購入しました

高級なタイツは自分ではなかなか買えないもの。
プレゼントにもオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA