ルミネカード(定期券機能付)が使えなくなりました(3回目)

突然ルミネカードが使えなくなる

いつものようにルミネでお買い物をしていたら、店員さんから「カードが使えません」と言われてしまいました。

まさかの不正使用?!スキミング?!
一瞬焦りましたが、店員さんによると「磁気不良」とのこと。

広告

カード破損の原因

私のルミネカードを隅々まで見た店員さんからは「カードに傷がついてますね」と指摘。

カードケースから取り出す時に傷がついてしまったようです。

普段は定期として使っているのでケースから取り出すことはなかったのですが、ルミネでお買い物をした時はケースからカードを出していました。
どうやらその時に傷をつけてしまった様子。
困りました。

毎年使えなくなるルミネビューカード

実はこのトラブルは3回目。
去年も壊れていたのです。

    • 1回目は携帯ケースに入れていたら磁気不良
    • 2回目はホログラムとICチップの破損
    • 3回目の今回はカードケースからの出し入れで磁気不良(カードに傷がついてしまった)

毎年ルミネカードが使えなくなるトラブルに見舞われてます。

定期券一体型は便利だけど…

私のルミネカードは定期券と一体型。
表面はクレジットカード、裏面は定期券の情報が記載されています。

ルミネカード:ビューカード

オートチャージできるので、改札で「チャージ不足」になることもありません。
定期代もクレジットカードで決済すればポイントが付き、ルミネでのお買い物も5%オフ(期間限定で年に数回10%オフもあり)

まずはクレジットカードの停止から

ビューカードのコールセンターに電話し、クレジットカードの機能を停止してもらいます。
これは電話でOK。

カード不良や破損等によるカード再発行に必要なお手続き(カード番号にご変更がない場合):ビューカード

数日後、ビューカードから「鉄道定期券再交付申請書」が郵便で届きました。

定期券の再発行はみどりの窓口のみ

翌日「鉄道定期券再交付申請書」を持って
JRの有人改札に行き、定期券の機能を停止してもらいます。

ここで駅員さんから「Suica利用停止通知書」を受け取り、次はみどりの窓口へ。

何で改札とみどりの窓口両方行かないといけないの…と思いながらみどりの窓口に向かいます。

みどりの窓口は連休前のせいか、混んでました。
10分程並んで私の番へ。
ここでやっと磁気定期券を発行してもらえます。

やっと新しいカードが到着

2週間程で新しいカードが届きますよと言われていましたが8日で届きました。
(簡易書留で届きます)

最後の業務は駅の多機能券売機で届いたビューカードに定期券の情報を移し替えること。

あとは古いカードをハサミで切ってビューカードに送れば完了です。

磁気定期券が不便過ぎる

仮の定期とはいえ、磁気定期券って地味に使いにくい。
何故ICカードにしてくれないのでしょうか。

磁気定期券はオートチャージも出来ないし、通れる改札も探さないといけません。
(最近の都内の自動改札はSuica専用が多い)
改札も狙いを定めて通らないといけないのです。

これも毎回不便と感じてます。

再発行までルミネカードが使えない

また、この期間はルミネでお買い物ができません。(ルミネカードも停止中)

現金や他のクレジットカードで買い物をすることはできますが、5%引きにならないのが痛い。
セール前に判明して良かったのかな…

ルミネビューカードのメリット

こんな手続きが面倒でも毎回再発行している理由は

    • クレジットカードと定期券が1枚になる
    • Suicaのオートチャージが可能
    • 定期代をルミネカードで支払えばポイントが溜まる

という点があるからです。

定期代をルミネカードで支払った場合、3倍のポイントがつくのが嬉しい。

定期代は1年で20万円以上するので、溜まったポイントはルミネの商品券に交換して、お買い物に使ってます。

まとめ

ルミネカードはクレジットカードと定期券両方使えるのは便利な反面、カードを破損するとどちらも使えなくなるのが不便。
(クレジットカードのみのルミネカードもあります)
手続きが煩雑なのも気になります。

ちなみにホームページには「再発行には手数料がかかりますと書いてありましたが、3回共手数料は請求されませんでした。

おみくみ
取り扱いは丁寧にね

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で