アメトーーク!「グッズ売れ残り芸人」は世界を繋げる(2020年3月26日放送)

たまたま見たTV番組

2020年3月26日にテレビ朝日で放送された「アメトーーク!」は「グッズ売れ残り芸人」
ナイツ土屋さんのプレゼン企画です。

どれも衝撃的なグッズか揃ってました。
会社はどうして作ることをOKしたのか、疑問に思う品々ばかり。

今回の番組のコンセプトは
「売れ残ったグッズを売れると思い込んでいるお笑い芸人をいじる」
ことだと思っていました。

しかし、後半は意外な展開になったのです。

広告

笑いだけで終わらなかった

売れ残ったグッズを「アメトーーク!」で紹介してまた販売するのかと思いきや、
「売れ残ったグッズを海外に寄付しよう」
というのです。

売れ残ったグッズをNPO法人なかよし学園に寄付して、海外の人の「学び」に使おうというもの。

永野さんが1,000円で販売していた名言は「習字のお手本」になっていました。

綺麗な字より、永野さんの字の方が現地の人が真似しやすいと聞いて納得。

永野カラーのバッグはアフリカの人が喜びそうな色合い。
Twitterを見たら、なんとコンゴの州知事に贈られてました。

日本の文化として紹介されるのはちょっと複雑?ですが、現地の人が喜ぶならこれでいいのかな。

まとめ

「アメトーーク!」にこんな展開があったのかと驚きました。
なかよし学園の取り組みが「アメトーーク!」でしか紹介していないのが勿体無い。

おみくみ
もっとたくさんの人に知ってもらえますように

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で