原動機付自転車の廃車 地元のバイク屋さんにお願いしてよかった

粗大ゴミに出すのはNG

長年庭に放置していた、エンジンのかからない原動機付自転車(以下「原付バイク」)

今回やっとの処分に取り掛かりました。
原付バイクは粗大ゴミとして出すことはできません。
自動車同様、廃車の手続きが必要です。

二輪車リサイクルシステム – 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会

バイクについていたナンバーも、市役所に返却しなければなりません。

広告

バイクの廃車方法とは?

「原付バイク 引き取り」 で検索すると、いろんなサイトか出てきました。


「動かないバイクも高価買取」

「無料で引き取りします」

と書いてあっても、よーく見ると

「廃車の場合は費用をいただく場合があります」

と書いてあるのです。


一時期道路から見える場所に原付バイクを置いていたら、廃品回収の業者が突然訪ねてきて

「バイクを引き取りさせてもらいたい」

と言われたこともありました。

友人の弟は同じシチュエーションで引き取りに応じたら、後からお金を請求されてしまったとか…

よくあるトラブルのようです。

廃車費用は業者によって異なる

ということで、今回様々な業者に問い合わせをしてみました。

査定は無料のところがほとんどですが、廃車費用を請求するかは実際に査定をしないと分からないと言われたのです。
廃車費用も6,000円から12,000円と幅広い。

トラブルに巻き込まれなくなかったので、慎重に調べました。

地元のバイク屋さんを選んだ理由

そこでたまたま見つけたのが地元のバイク屋さん。

個人店だったので不安もあったのですが電話で問い合わせしてみたところ、快く回収に応じてもらえました。

地元のバイク屋さんを探すにはこちらのページが便利です。

廃棄二輪車取扱店名簿

電話した当日に軽トラックで引き取りに来てくれました。

店員さんは想像以上の古さの原付バイクに苦笑しながらも、無料で引き取ってくれたのです。

いいお店に出会えました。

最後にひとこと

ナンバーの返却を業者に依頼する場合、別途費用が発生する場合もあります。

あらかじめ電話やメールで費用を確認するのがオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で