タイムズカーシェアに乗ってみた 良いところと悪いところ

カーシェア初体験

友人がタイムズのカーシェアに入会したというので、早速乗せてもらいました。

カーシェアリングならタイムズカーシェア(旧タイムズカープラス)

私もレンタカーは利用したことがありますが、カーシェアは初めて。

レンタカーと同じ「わ」ナンバーでした。

広告

どうやって運転するの?

車はタイムズのパーキングに置いてあります。

タイムズのカードを車のウィンドウにかざすとロックが解除され、ドアを開けることができます。
車の鍵は助手席のダッシュボードの中にありました。

黄色の機械が鍵の格納庫になっています。

あとはエンジンをかけて出発するだけ。
返却時もダッシュボードに鍵をさしてドアを閉めてしばらくすると、ロックされます。

(ほとんどのレンタカーは料金を現金で支払うことができますが、カーシェアは事前の会員登録及びクレジットカードでの決済が必須です)

カーシェアの良いところ

(1)すぐに乗れる
レンタカーの場合、店舗へ行って免許証の提示や説明が毎回ありますが、カーシェアは駐車場に行くだけ。

受付の手間が省けるのは便利です。
返却も同じ駐車場に置いておくだけ。

レンタカーだと傷がないか確認したり、鍵を返しに事務所に行かなければなりません。

(2)ガソリンは入れなくても良い
レンタカーは「基本ガソリン満タン返し」が必須ですが、カーシェアは終了時にガソリンを満タンにしなくてもいいのです。

(半分程度になったら給油することが条件)

車内にガソリンカードがあるので、カードで精算できます。
しかもガソリンを満タンにすれば30分、洗車をすれば30分の料金が値引きされるのが嬉しい。

(3)ナビは完全カーシェア仕様
エンジンをかけた時のナビの画面。


完全カーシェア仕様になっています。

返却時間が近くになると画面に案内が表示されました。
延長したい時もナビ画面から申込できるのが便利。

カーシェアの不便なところ

(1)月額料金が必要
個人プランの場合、月880円の月額基本料金が発生します。

カーシェアを使っても使わなくても請求されるので注意が必要です。


(2)カーシェアで運転できるのは会員のみ
レンタカーは運転する可能性がある人全員の免許証の提示が必要になります。

カーシェアでは会員登録者以外の運転はできません。


(3)車内清掃は各人で
車に乗ったらゴミが車内に残されていました。

恐らく前に利用した人が残したゴミかと。

レンタカーは洗車も掃除も従業員の人が行ってくれるので、ゴミが落ちていることはほとんどありません。
今回たまたまマナーの悪い人が使った後だったのかもしれませんが、たまにある光景のようです。

友人曰く、禁煙車なのにタバコ臭かったこともあったとか・・・

車内に消臭剤は用意してありました。

まとめ

車を所有するには車両代だけではなく税金や保険料、メンテナンス料など費用がかかります。

カーシェアは普段車に乗らない人で、近所にカーシェアのステーションがある場合は便利かと。


ただ、レンタカーより気軽に使える分、やはり車内の清掃は気になる。

おみくみ
レンタカーもカーシェアもマナーを守って利用しましょう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で