結婚祝いに「防災セット」贈る相手には注意が必要です

必要だと思っているけど自分ではなかなか買わないもの

最近よく聞かれるのが「結婚祝い」
令和になって初めての正月になったこともあってか、2020年の1月は入籍した人が多かったようです。

食器やタオル類、時計などを贈るのもいいですが、最近贈って反応が良かったのが「防災セット」

結婚したばかりの人に防災の贈り物をするのもいかがなものかという意見もあるかもしれません。
実際、私も年配の人から苦言をもらいました。

しかし、実際に贈ってみたら相手から
「(防災セットは)買おうと思っていたところだった」
「次は自分も贈ってみようと思う」
と好評だったのです。

2019年の秋に発生した台風被害で防災に対する意識が上がったものの、実際に行動する人はなかなかいません。
私もそうでした。
だからこそプレゼントで贈ると「もらえて良かった」と言われるのだと思います。

広告

こんな人にオススメ

目上の人や仕事関係の人は避けたほうが良さそうです。
メインは親しい友人や身内向き。
引っ越し祝いのプレゼントしてもオススメです。

ただ、趣味がアウトドアの人に贈るのは注意が必要です。
防災対策に使えるアイテムを持っていることが多いので、かえって邪魔になってしまうことも・・・

命を守るプレゼント

防災セットは実際に使わないのが一番ですが、災害はいつ起きるのか分かりません。
重量がそれなりにあるので、Amazonで直接贈るのがオススメです。
(レストランで防災リュックを渡すのもね・・・)

大切な友人の命を守るプレゼントを贈るのはいかがでしょうか。
困難も二人で乗り越えてね、という気持ちを込めて防災セットを贈るのも良いですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で