【母の日】花を贈るなら「あじさい」がオススメ 色も種類も豊富 

2020年の母の日は「買いに行くこともできない」

プレゼント選びの達人(@OmikumiG )おみくみです。

2020年はコロナ禍でお店の営業が休止。
自粛で買いに行くことも、プレゼントを渡しに行くこともできません。

そんな中、世の中のお母さんは毎日家族の食事作りでお疲れモード。
家にはテレワークのお父さんに、休校の子供もいて大変です(友人談)

私も今年はいつもより多く

「母の日のプレゼント、何かいいのある?」

と聞かれることが多い気がします。

広告

こんな時だからこそお花を贈ろう

花を育てている農家さんは、コロナ禍の前から母の日に向けて栽培を始めています。
以前ブログでも紹介した「花いっぱいプロジェクト

自宅にいる時間がいつもより長いからこそ、家族で楽しめる花を贈るのもオススメです。

あじさいに注目

2020年は定番のカーネーションの他に、長く楽しめるあじさいがオススメ。

水をこまめに取り替えれば、カーネーションより長く楽しめます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

4/29 入荷したお花を紹介します。 ハイドランジア 渋い。かっこいい。アンティーク色。 各種 5寸鉢 ラッピング込み 2500円 ・ ・ ネットショップ、店頭にてどうぞ。 ・ ・ *フリーオープン* 水曜日 13:30〜16:00 金曜日 13:00〜16:00 (寄せ植えの手直しや、お花や植物、雑貨の購入ができます。) ・ _________________________________________ ウラニワフラワー いなかの花屋 花束/アレンジ/御祝い/花苗/植栽/ 寄せ植え/ギャザリング取り扱い 全国配送OK 川越市今福334-12 __________________________________________ ・ ・ #フリーオープン日は誰かしらいます。 #ウラニワフラワー #花好き #ナチュラルな花屋 #暮らしの中の花 #気軽に楽しめる花 #寄せ植え体験_川越 #ギャザリング教室 #川越 #埼玉 #花屋 #寄せ植え #ギャザリング #多肉 #ドライフラワー #リース #ワークショップ #全国発送 #flowers #flowerstagram #flowerslovers #お花 #写真好きな人と繋がりたい #はなのあるくらし #花好きな人と繋がりたい #はなばたけのはじまり

ウラニワフラワー(@uraniwa.flower)がシェアした投稿 –

だたし、年配の女性はあじさいの花言葉(浮気、移り気など)を気にする人もいるので注意が必要です。
義理のお母さんには向きません。

最近ではあじさいの花の色で花言葉が違うので(青=辛抱強い愛情、ピンク=元気な女性、白=寛容)若いママにはいいのかも。


あじさいの花言葉についてはこちらをご参照ください。

おみくみ
最近のあじさいはオシャレ


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で