「カタログギフト」選ぶのが苦手な方にはフォーマルな商品をオススメします

Pocket

カタログギフトは便利だけど・・・

結婚式の引き出物や、香典返しなど、最近は自分で選べる「カタログギフト」が主流になりました。

最近、毎月のように結婚式にお呼ばれされている、後輩のT君(20代後半)に
「引き出物でもらうカタログギフトってどうしている?」
と聞いたところ、
「あーいつも注文忘れちゃってて、そのままですね」
との回答。

渡す方は商品を選ぶ手間を省けるし、いただく方は自分の好きな商品を選べるので、お互いにメリットはあると思うのですが…
カタログをいただいたものの、選ぶのが面倒でそのままにしていませんか?
あれって有効期限があるのですよ!(3ヶ月~6か月程度)しかも注文が遅いと「欠品です」との無情な通告もあったりします。

しかもショップによっては、申込がないと依頼主に連絡が入る場合もあるので注意が必要です。

ということで、今回はなかなかカタログギフトが注文できない方へ、オススメの商品をご紹介します。

持っていないならコレ!

前回ブログにも書いた「ハンディースチーマー」の他に、私は「フォーマル関係」の商品をオススメしています。

女性ならパールのネックレスやバック
男性なら靴下やハンカチ、ネクタイもあります。
(紹介した商品が全てのカタログギフトに掲載されているとは限りません)

私はカタログギフトで、予備用のフォーマルバックやパールのネックレスを注文したことがあります。
自分以外に友人や同僚に貸すことも多く、意外と使用頻度は高いです。

この話をした数日後。後輩T君が
「カタログギフトに袱紗(ふくさ)があったので注文しました!実は袱紗持っていなかったので…^^;」と教えてくれました。

そうなんです、私は冠婚葬祭で受付を頼まれることが多いのですが、最近袱紗を持っていない人が増えてきたと感じていたのです。
特に若い男性は袱紗を持っていないことが多いのですよ。コンビニのビニール袋からご祝儀袋が出てきたことも…( ̄▽ ̄;)
袱紗を持っていない方、是非カタログギフトで注文してください!

和牛からエステの体験チケットまで

モノを増やしたくない方には、食品の他にカフェやレストランなどののチケットもオススメ。エステや乗馬クラブの体験チケットもあるんです。中には「寄付」ができるカタログギフトも。

最近では、カタログギフトを手にされた方が申し込むのであれば、マナー違反ではないという考え方が一般的になってきたようです。

まとめ

最近ではカタログギフトも種類が増えて、選択の幅も増えました。カタログを見て選ぶのが楽しい人もいれば、選ぶのが面倒な人もいますよね。

カタログギフトにも送り主の予算に応じて商品が異なるので、今回紹介した商品が全てのカタログに載っている訳ではありません。

贈り主の「ありがとう」の気持ちに応えるためにも、カタログギフトはいただいたら即注文!
食品やお食事、チャリティーという選択肢も「アリ」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です