ベット・イン〜サクセス・ストーリーは突然に…〜ツアー最終日に行ってきました(2018年2月18日)

Pocket

ボディコンロックに酔いしれる

地下セクシーアイドル、ベッド・インのおギグ(ライブ)にお台場まで行ってきました。

2017年12月に発売された2ndアルバム「TOKYO」の発射記念ツアー(誤字ではありません)の最終公演。
会場はZeep DiverCityTOKYOです。

ベッド・イン – OFFICIAL WEBSITE –

ベット・インは地下セクシーアイドルですが、ギターを担当している中尊寺まいさん(ちゃんまい)はなかなかのワイルドな演奏。(衣装もワイルド)
ボーカルの益子寺かおりさん(かおりん)の歌も迫力があります。

客層は女性6割、男性4割といったところでしょうか。
若干女性ファンの方が多いかな?
お客さんの年齢はバブル世代からちびっこまで幅広いものの、バブルを知らないヤング層が一番多かったように感じました。

写ルンですOKです

ベット・インのおギグは他のアーティストのライブと違う点があります。
ライブ中の写真撮影を認めているのです。
ライブ直後からTwitterでは大量のおギグ写真が!

ただし、動画やフラッシュ、一眼レフでの撮影は禁止です。
みんなジュリ扇を振るので、上手く撮れないのが問題。

あぁ、こういう時もっと身長が高ければ…

おギグには「ジュリ扇」が必須

ベット・インのおギグ最大の特徴は、カラフルなジュリ扇!

物販で「ジュリ扇ケース」まで売ってます。
終わった後、ジュリ扇の残骸が・・・

床に落ちた羽を拾っているファンの方がいらっしゃったのですが、何に使うのかしら?

バブルを楽しむ

おギグでは物販(ツアーグッツ)の紹介もあり、生着替えタイムもあり、リコーダーの披露もあったりと、盛りだくさん!

しかもギターやベース、ドラム、キーボードを担当している「パートタイムラバーズ」の演奏は、なんとCOMPLEXの「恋をとめないで」!

ヤングなお客さんはこの曲を知らない人も多いようでしたが・・・
私は大好きな曲なので、ベット・インのおギグでCOMPLEXが聴けて嬉しかったです。
さすがバブル。

バックダンサーの「ベット・メイキングガールズ」もいい味出していました。
一人どう見てもガールズじゃない人が・・・
調べたら、有名な振付師さんでした。

夢は紅白出場

2017年の紅白ではバブリーダンスも見れたことですし、2018年はついにベット・インも出場?!
まずはベット・インのお二人のちょっと下ネタを抑えないと難しいかしら…
まずは「有吉反省会」とか「踊る!さんま御殿!!」あたりから一気にブレイクすることを期待しております。

バブルはまだまだ終わりません。次のおギグも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA