真冬のゴルフに持って行くべき5つのアイテム 寒さに勝つ為のポイントも紹介

冬のゴルフの最大の敵は「寒さ」

冬のゴルフは修行です。
身体が寒さに慣れていないと、ゴルフが全く楽しめません。

そこで今回は真冬のゴルフを楽しむ為のアイテムを紹介します。

広告

5つのアイテムとは?

(1)貼るカイロ

ゴルフ場によってはフロントでカイロを貰える場合もありますが、大体が「貼れないカイロ」
貼るタイプのカイロは自分で用意しないといけません。

貼る場所にもポイントがあります。
それは
「お腹と背中の2箇所に貼ること」
私はトップアマの知り合いに教えてもらいました。
確かに暖かさが違います。

ただし、低温やけどには注意が必要。
以前ヒートテックインナーの上にカイロを貼ったら痒みが出てしまったので、その上のシャツの上から貼るようにしています。

(2)超極暖ヒートテック

ユニクロの「超極暖ヒートテック」はインナーとしては最高です。

特にスカートを履く女性にはレギンスがオススメ。

ユニクロ|ヒートテックウルトラウォームレギンス(10分丈・超極暖)|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

ゴルフブランドのレギンスとは暖かさが違います。
糸くずがポロポロ出てしまうこともありますが、来年また安くなった時に買い換えればいいのです。
ヒートテックは年々機能性が上がっているので、毎年のアップデートは欠かせません。

(3)ネックウォーマー

寒さは首からきます。
普段屋外で過ごさない人はネックウォーマーをする習慣がないせいか、持っていないことが多い気がします。
真冬のゴルフをナメてはいけません。

(4)ハンドウォーマー

「ミトン」というと女性が使うイメージですが、男性も必要です。
凍ったグリーンからボールを拾った時の冷たさといったら!
グローブをしていても冷え冷えです。

(5)ダウンジャケット

プレーを待つ間、アウターを着ていないと身体はどんどん冷えてしまいます。
特に風の強い日はダウンジャケットは必須です。
ゴルフブランドのダウンジャケットは高いので、ユニクロで十分。

ただし、ここ数年コースでのユニクロダウン着用率が非常に高い為、同伴者とペアルックになる可能性が大アリです。

私の知り合い(60代男性)は今まで頑なにネックウォーマーもハンドウォーマーも拒否していました。
私が「真冬のゴルフには絶対必要です」と言い続けて2年目。
寒さに耐えかねてネックウォーマーとハンドウォーマーを購入したところ「これ、あったかいねー!」と驚いていました。

男子プロ最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」でも、多くの選手は打ち終わるとすぐにダウンジャケットを着ていました。

プロでさえ少しでも身体を冷やさない、寒さで固くならないように気を遣っているのです。

なぜ真冬にゴルフに行くのか?

真冬はお客さんが少なくなるので、高級なゴルフ場のプレーフィーが安くなるのです。
安くなると言っても私にとってはそれなりの出費。
真冬でも楽しくプレーする為には努力を惜しみません。

ネックウォーマーは300円ショップでも購入できるので、真冬にゴルフに行く方は是非使ってみて下さい。

おみくみ
ないよりあった方が絶対いいです

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で