インフルエンザかと思っていたらマイコプラズマ肺炎だった私の経験談

風邪に似た症状

急に寒くなってきた10月の半ばに、マイコプラズマ肺炎になってしまいました。
完治まで2週間近く。
今回は本当に辛かったです。

症状としては最初は背中が痛くなり、次第に関節も痛み出しました。
風邪かと思い、感冒薬を飲んで休んだものの、翌日は猛烈な寒気で動けなくなってしまったのです。
熱を測ったら39.4度。
普段は風邪でも自分で運転して病院に行くのですが、さすがに辛くて家族に近くのクリニックに連れて行ってもらいました。

今までインフルエンザになったことがない私。
ついにインフルエンザになってしまった・・・と絶望的な気持ちでした。

しかし、インフルエンザの検査は陰性。
「まぁ風邪でしょう、今年はもう早い時期から流行っていますからねー」
と先生に言われ、薬をもらってその日は帰宅しました。

広告

とにかく咳が辛い。胸が苦しい。

しかし、夜になると咳が止まらないのです。
熱も39度超えになったり、37.5度になったり。
症状が酷くなる一方なので、再度クリニックに行きました。
レントゲン撮影をしてもらったところ、右下の肺に白いものが・・・

先生からは、咳が酷いことと、高熱、胸部レントゲンを見た結果を見て
「流行りのマイコプラズマ肺炎でしょうね」
という診断になりました。

詳細は国立感染症研究所のホームページを参照下さい。

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎かも?と思ったら

今回の私の経験から学んだことは
「マイコプラズマ肺炎かもしれないと思ったら、なるべく大きな病院で診察してもらおう」
ということです。
私の場合、とにかく咳が酷かったです。

先生によると、マイコプラズマ肺炎の咳密な検査は時間がかかるらしく(病院によって検査方法は異なるそうです)結果が出る前に症状がおさまってしまうことが多いとか。
インフルエンザのように、すぐに検査結果を出すのが難しいとのこと。
大きな病院では簡易検査ができるそうです。

抗菌薬をもらったら熱や倦怠感の症状は落ち着いてきたものの、2週間酷い咳に悩まされました。

咳が酷くてマイコプラズマ肺炎かも?と思ったら、クリニックより大きな総合病院に行く方がいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA