東京スカイツリー「250万乙女のときめき回廊」へ行くには大人のエレベーターが必要です

平日でも行列

2017年1月9日(月・祝)~3月31日(金)まで、東京スカイツリーで開催されている、少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年イベント『250万乙女のときめき回廊』に行ってきました。

250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE | 東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

 

 

 

平日の午後でも入場券を買うのに並びます。
10分程度で天望デッキの入場券を購入することができました。
土日は1時間以上待つことがあるとか・・・
さすが観光名所です。

広告

りぼん展までの道のりは遠い

エレベーターに乗り、あっという間に地上350メートルの天望デッキへ。
エレベーター内も「りぼん」ワールドが満載!

係のお兄さんに「りぼん展に行きたいんですっ!」と熱意を伝えたところ、丁寧にチケット売り場を案内してくれました。
追加で1,030円をお支払いして再度エレベーターに乗り、450メートルの「天望回廊」へ。
りぼんっ子になるにはお金が必要なのですね・・・

天望回廊全体が「りぼんワールド」になっていました。
「りぼん」ライブラリーに幅広い女子、大喜び。
どのあたりの「りぼん」を読んでいたかで年齢が分かってしまいます。

「イケメン☆カーニバル」コーナーも

「りぼん」の代表的な漫画のヒーロー達が大集合です。

10頭身のイケメンヒーローがズラリと揃っていました。

残念ながら私は敵役や脇役の男の子が好きだったので、「イケメン☆カーニバル」にはあまりときめかず・・・
私の好きだった登場人物はほとんどいませんでした。

「りぼん」といえば付録

ガラスケースの中には、歴代のふろくが並んでいました。
一緒に行った、会社の先輩と「懐かしいー!」を連発。

漫画は読めますが、付録はもう買えません。
付録を見ていると
「このノート、友達と交換日記で使っていたなー」
と小学生の頃の思い出が蘇ってきました。
これは見る価値あります。

展覧会ではなく「回廊」

さて、付録の次はどんなものを見られるのかしらーと移動したところ、下りのエレベーター乗り場に辿り着いてしまいました。
そうなのです、ここはスカイツリーの最上階の展望台。
あっという間に一周できちゃうのです。

パンフレットを見ると、「りぼん展」ではなく「ときめき回廊」と書いてあるではないですか。
回廊=廊下だったのですね・・・

まとめ

地上へ戻り、ソラマチのカフェで
「何故東京スカイツリーの450メートルで「りぼん」を見る必要があったのか?」
というお題に先輩と議論した結果、
「地上450メートルで夢を見て、地上で現実を見るためでは?」
という結論になりました。

すっかり私たちもオトナになってしまいましたが、ひとときでも少女の頃の夢が見られて幸せです。

ちなみに、スタンプラリーに参加すると最後にシールがもらえます。
安心して下さい、シールをもらいに並んでいるのは全員オトナの女性なので、気にする必要は全くありません。

「250万乙女のときめき回廊」は2017年3月31日まで。
天気のいい平日に行くことをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA