「真夏の東京蚤の市」で1,600円のてぬぐいを購入しました(2017年8月20日)

Pocket

2017年8月19日~20日に開催された「真夏の東京蚤の市」に行ってきました。

蚤の市とは?

Wikipediaによると

ヨーロッパの大都市の各地で春から夏にかけて、教会や市庁舎前の広場などで開かれる古物市。パリの蚤の市が有名。北米では大規模な倉庫や体育館など屋内で開催されるものもある。出店者は一般家庭や仲間で集まったグループから、古物商や雑貨商の様な事業者まで幅広い。

と書いてありますが、ここは日本。
「真夏の東京蚤の市」の会場は、東京都品川区にある「大井競馬場」です。

真夏の東京蚤の市

ちなみに駐車料金は1,500円(都内だもの、仕方ないよね)
夏休み中とあってか、他県ナンバーの車もチラホラ。

入場料は600円。オサレなパスポートと地図をもらっていざ競馬場へ!

夏祭りと宝探しのようなイベント

中はドライフラワーや古着、アンティークの家具や雑貨を売っていたり、
キッチンカーで食べ物や飲み物を販売するブースもあり、見応えのあるイベントでした。
流木が売っていたり、ネジが売っていたり(笑)
見ているだけでも十分楽しい♪

ブローチ作りや溶接のワークショップもあり、家族で楽しむ人たちも。
ライブがあったり、パントマイムのお兄さんもいたり、所々で笑い声が聞こえます。

ちょうど地元のお店も出店していたので、ペンネをいただきながら、広場でのんびり。

私のお目当ては「東京てぬぐい市」

前回ブログで100円のてぬぐいを薦めておきながら、1,600円もするてぬぐいを購入( ̄▽ ̄;)

100円のてぬぐいと変わりないんですけどね…100円ショップにはないデザインと色に惹かれました。

デザインも色も豊富で(蚤の市とはいえ、もちろんてぬぐいは新品です)見ているだけでも楽しい♪

男性のお客さんも多かったです。やっぱり男性っててぬぐい好きなのね。

あったらいいなと思ったもの

  • レジャーシート(競馬場のスタンドは使えなかったので、ベンチはあったものの、座れる場所が少なかったです)
  • ゴミ袋(競馬場のゴミ箱は封鎖されていたので、ゴミを捨てる場所がありませんでした。ゴミは持ち帰る、食べた容器とかは売っているお店に戻すというルールでしたが、ちょっとしたゴミは出てしまうもの。ゴミ袋を持っていると便利でした)
  • 買い物袋(袋は有料というお店がありました。台車を持って行ったり、IKEAの大きな袋を持参している常連さん?も)

まとめ

若いオサレスタッフさんが多いなーと思っていたら、なんと彼らはボランティア!
この規模のイベントができるなんて、すごいなと思いました。(後援は品川区)
ちなみにこのイベントの主催は、調布にある「手紙社」という店舗運営や雑貨などの販売を行っている会社。

今日のお手紙

入場時にもらったパスポートはスタンプラリーになっており、コンプリートするとイベントの翌日以降、一部店舗でノベルティがもらえたり、割引の特典などを受けられるのです。こういうアイディアも面白いですよね。

真夏の東京蚤の市 OFFICIAL PASSPORT 特典一覧 | 真夏の東京蚤の市

競馬場と聞いて、女子は「トイレとか大丈夫なの?」と思う人もいるかもしれません。一部施設はリニューアルされており、トイレもとっても綺麗でした。
(競馬場自体はお休みだったようで、馬に会えなかったのがちょっとだけ残念^^;)

次回の開催が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です