新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 12in 東京ドーム」初心者でも楽しめました(2018年1月4日)

Pocket

みんなでプロレス!イッテンヨン!!

2018年1月4日
新日本プロレスの年間最大の興行「WRESTLE KINGDOM 12」を観に、東京ドームまで行ってきました。

当初は「まだプロレス初心者だし・・・」と思っていたのですが、「迷うなら行ってみよう!」と決心。

パイプ椅子付き(!)の50,000円ロイヤルシートは早々に完売していましたが、1階スタンド席(9,500円)は1月1日時点でまだチケットがあったので、ローソンチケットで購入しました。

『WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム』特設サイト

去年の1階席は7,500円だったのに…
新日本プロレスの強気な値上げに見事に釣られました。

いざ東京ドームへ!

開場前、ドームの外ではグッズが販売していました。
40分並んだものの、今回の限定グッズは早々に売り切れ。
タオルやTシャツ、パーカーやパンフレットなどを販売していましたが、グループ毎(プロレスにも派閥があるのですよ)に販売ブースが別れているので、人気のバロメーターはここで大体分かりました。

ちなみに1番人気は内藤哲也選手率いる「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」(←スペイン語で『制御不能な奴ら』)のグッズ。

ドーム内でも大人からちびっこまでTシャツやパーカー、帽子を被っているお客さんがたくさんいました。
私はそんな中、私はお気に入りの地下アイドル、ベッド・インのトレーナーを着用して行きましたよ!
(ベット・インのメンバー、益子寺かおりさんも大のプロレス好き)
あ、でもちゃんとパンフレットとタオルは購入しました。

そして新日本プロレスのTwitterによると、プロレスラーのそっくりさん達がお客さんをお出迎えしていたそうです。

棚ボタ弘至(棚橋弘至選手のものまね選手)見たかったー!
杉山清貴&ケニーオメガドライブ、真壁葬儀、アニマル浜栗って(笑)

ドームの中は34,995人のお客さん

試合は17時から21時過ぎまで、休憩なしでみっちり4時間以上!
第9試合までありました。

長時間ドームの狭いスタンド席に座っているのは、ちょっとキツかったです。
メインの試合までテンションを保つには、修行が必要と実感…!

1試合目が終わったーと思っていたら、間髪入れずに次の選手の入場曲が。
周りが男性のお客さんだと、席を立つのも一苦労です。
あ、でも皆さん紳士な方ばかりだったので、快く通してくれました。
私の席の列は全員男性。全体を見ても、女性はやはり2割程度というところでしょうか。
新日本プロレスはゲーム会社がスポンサーになっているせいか、親子連れも多いです。

リングはアリーナにあるので、1階席からはかなり遠かったです。私のレーシック済の裸眼(一応視力は2.0)でも肉眼ではハッキリ見えない…!
次はもっといい席か、オペラグラスが必要と反省しました。もしくはバズーカみたいなカメラ?

ドーム内では野球の試合のように、売り子さんがビールやハイボールを売りにきますし、ドーム内の売店でもビールなどの飲み物やスナック類が購入できます。
お酒を飲みながら、ご機嫌で盛り上がっている外国人のお客さんもいました。

とりあえずここまでのまとめ

初心者の女性でも楽しめました。ただし、やはり周りは男性のお客さんが多いので、アウェイ感は否めません。
慣れれば私も「オラー!棚橋ー!さっさと技決めんかいー!」と言えるように・・・
ならないかな・・・

今年は再びブロレスブームが到来しますように。いや、到来します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です